Series #04
“Leadership for 21st century?”

第4回テーマ:

“Leadership for 21st century?”

(21世紀のリーダーとは?)

■背 景

 日本では世界的な課題について英語で議論し、解決案を考え、実行する場が少ないのが現状です。もっと世界を舞台に、堂々と議論できる人を育てようという目的から、ダボス会議開催直後の2013年2月1日「Davos experience in Tokyo(ダボス会議を東京で経験する)」を開催しました。その際、多くの企業、官僚、国際機関の方々から 「もっと英語で世界の課題を議論する機会を」というリクエストを多数戴きました。

 2013年4月より、「Davos experience in Tokyo(ダボス会議を東京で経験する)」は、慶応義塾大学メディアデザイン学科(KMD)のSPACEプロジェクト(石倉洋子が担当するリアル・プロジェクト)として運営、そしてWilson Learning Worldwide.inc、越境リーダーシッププロジェクト後援によりシリーズ化することになりました。

 2013年4月から12月まで約月1回開催のペースで、リアルな場でのディスカッション、懇親会、ライブストリームによるバーチャルな参加などオープンな形で進めていく予定です。特にバーチャルな場については、毎回いろいろ工夫する計画です。ご期待ください。

■セミナーの目的

世界の課題に関心が高く、将来ダボスのような会合に参加したいと考える方々と共に、世界的な課題について英語で議論を交わし、自身の洞察を深めることです。
第4回テーマ:“Leadership for 21st century?”

         (21世紀のリーダーとは?)

リ―ダー論はいつの時代でも関心を集めますが、特に今、政治や経済、学界など世界の様々な分野で、リーダーの不在が叫ばれています。これだけ世界が複雑に重層的になって行く中、変化が激しく、すばやく断固とした意思決定をし、実行しなくてはならない時代に、リーダーとはどうあるべきなのでしょうか。MITの教授から、世界でも有数のロードアイランド・デザインスクールの学長になったジョン前田のビデオやtweetなどを見ながら、今のリーダーについて考えます。その後、数人のグループに分かれて、英語でディスカッションをします。その後各グループからレポートバックをしていただき、全体で議論します。

Posted in ARCHIVES.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>