Session #51 Sep 1st
“Does stress make you happy? Let us find out how we can make use of stress to fulfill our dream!”

VIDEO: Guidance

VIDEO: Part2

How many people feel stressed out under continuous changes, information storm and time pressure? 

 According to the “World Happiness Report 2017” recently published by Sustainable Development Solutions Network at United Nations, Japan is ranked at 51 in the world, lowest among G7 countries. Generally, Japanese tend to feel stressed much more than other developed countries; thus, it is important for us, in Japan, to understand stress and learn how to handle it.

 Stress is reported to be linked both to worries/depression and happiness etc. in quite complex mechanisms. One way to understand the mechanisms is to think about relationship between stress and purpose of life. To understand our stress and to make our life full, we turn to neuroscience. Have you heard of neuroscience and its use in business applications?  Have you heard of “mindfulness,” one of the hot topics as it is practiced by many entrepreneurs and companies such as Google https://siyli.org/ ?

  At the 51st Davos experience in Tokyo, we will find out how we address these issues of stress, mindfulness and neuroscience from our expert, Inventor Mizuto Aoto of DAncing Einstein. After studying neuroscience at UCLA in the US, he founded the company, DAncing Einstein and has worked on many projects for education and lately for business application. 

 After the hot/humid summer, we believe this topic will be a great kick off for productive and meaningful life for the rest of the year 2017.  Join us on Friday, September 1.

2017年9月1日開催 第51回 「ストレスが多いと実は幸せ!?人生を有意義にするストレスとの向き合い方

 

日々変革が起こり、先が見えない時代において今ストレスを感じていない人はどのくらいおられるのでしょうか。国連で発表された世界幸福度調査によると日本はG7中、最低の51位でした。先進国の中でもストレスを感じている人が多い訳ですが。他国に比べてもストレスが多いといわれている日本においてストレスをどのようにとらえ、自分を対応させていくかというのは大きな課題です。

「ストレスの多さは悩みと幸福感の両方にかかわっている」といわれています。

結びつきは非常に複雑ですが、理解する1つの方法は、「ストレス」「悩み」「人生の意義」の関係性をみることだと言われています。ストレスを理解し人生をより意義のあるものにしていくために、私たちの脳は感情をどのように捉え処理しているのか、「神経科学」の世界に足を踏み入れます。

ここ数年飛躍的な進歩を遂げた脳と感情の動きの研究ですが、マーケティングに応用している企業や、マインドフルネスを社内で取り入れる企業も増えてきております。

 「ダボスの経験を東京で」第51回には、ストレスをメタ認知し、とらえ方を変えるという視点でマインドフルネスや神経科学というテーマを掲げ、今この分野で一番ホットな青砥瑞人さんをお招きして、お話を伺います。青砥さんは、米国UCLAで神経科学を研究された後、DAncing Einstein を創立され、教育分野そして最近では経営分野についても新たな風を起こしておられます。

 暑く長い夏の後、2017年の残りをどう快適に生産的に過ごすか、有意義な人生を送るためのストレスとの向き合い方を学んで、ご自身に適用してみませんか?皆さまの参加をお待ちしております。

dex51th

Posted in ARCHIVES.